*
* *

前立腺がんとはどのような病気なのか?

 

前立腺とEDの関係について解説します。

院長:山本(医師)監修

1)前立腺と男性機能の関係について
2)前立腺肥大症について
3)前立腺癌はどのような病気なのか?
4)前立腺肥大症で起きるED
5)外科手術後のEDとICI療法

 

前立腺がんとはどのような病気なのか?

 

(目次)
1)前立腺とはどのような器官か?
2)前立腺がんの危険因子
3)前立腺がんの症状
4)前立腺がんは検診で発見できる!
5)前立腺癌の診断から治療まで
6)まとめ

 

はじめに

みなさんは前立腺がんという病気を聞いたことがありますか?前立腺肥大症なら聞いたことがあるけど、前立腺がんはあまり聞いたことがないな、という方もいらっしゃるかも知れませんね。ですが、前立腺がんは日本で最近増えている病気ですので十分に注意しなければいけません。今回はそんな前立腺がんについて、まずは前立腺とは何なのかといった基本的な事柄から解説していきます。

 

1)前立腺とはどのような器官か?

前立腺がんを知っもらううえで大事なことは、前立腺は男性しかもっていないという点です。精巣は男性しかもっておらず、卵巣や子宮は女性しかもっていないのと同じように、前立腺は男性しかもっていないのです。ですから、そもそも前立腺がんを含めた様々な前立腺の病気になるのは、男性だけなのです。もしこの記事をお読みのあなたが女性でしたら、前立腺がんになることは絶対にありませんからご安心なさってくださいね。

%e8%8a%b1%e5%9f%8e2-1
さて、ここからは前立腺のある場所について解説していきます。ご存じの方もいるかもしれませんが、前立腺は膀胱の下に貼りついたような恰好をしています。膀胱はだいたい恥骨の後ろにありますから、前立腺はその下にあるわけですね。股の下から上方向に5cm~10cmの場所にあるといっても分かりやすいかもしれません。(図1)
前立腺は前立腺液という液体を分泌することです。射精するときに陰茎から出てくる液体(=精液)には精子がたくさん入っておりますが、実は精液の中に占める精子の割合はとても小さく、わずか3%以下です。前立腺液は精液の中に含まれており、約5~10%を占めています。残りの大部分(85~90%)は精嚢という場所から分泌される精嚢液という液体が占めています。これらの前立腺液や精嚢液などの液体は、精子に栄養を与えたり、精子の動きを活発にする働きがあり、男性の生殖機能にとってとても大切な役割を果たすのです。

%e8%8a%b1%e5%9f%8e2-2

 

2)前立腺がんの危険因子

前立腺がんになりやすい危険因子として重要だと考えられているものをいくつか紹介します。まず食生活についてです。動物性脂肪を多く摂取する欧米型の食事や、たんぱく質、砂糖を多くとる食事ががんの発生に関与しているとされています。肉や炭水化物ばかりをとる生活をしていると危ないということですね。続いて年齢に関してです。前立腺がんは50歳以上の男

 - 前立腺・ED