*
* *

EDの衝撃波治療

1)ED

 ICIクリニックが取り扱っているED治療法はバイアグラ、レビトラ、シアリスの処方とICI療法、それに衝撃波治療です。
 

糖尿病や高血圧、骨盤内の手術などによる神経損傷によるものなど、ほとんどのEDはICI療法で対処可能です。しかし、ICI療法は薬液によって血管を拡張し、陰茎への血流を増やして勃起させるというメカニズムのため、加齢や病気により動脈硬化が進行して血管が硬くなりきってしまっているような場合には十分な勃起が得られない場合があります。
 

また、ICI療法は行為の前に注射をしなければならず、EDを根本的に解決するわけではありません。
 

2)衝撃波治療が有効
陰茎内の血管がダメになってしまっているような重度のEDの方や、EDを根本的に治療したい方には、衝撃波治療がおすすめです。衝撃波治療は、陰茎に弱い衝撃波を当てることにより、細胞を活性化させて新しい血管を作ることを促す治療法です。
 

ただし、衝撃波治を提案させていただく患者さんは、他にも問題も抱えていることが多く、衝撃波治療だけで完全に回復するということはあまりありません。
 

その場合は、衝撃波治療で血管を新しく作り直したうえで、ICI療法により勃起させる。という手順で治療を行います。この方法であれば、血管そのものに深刻なダメージのある方でも勃起を得られる可能性があります。
 

3)提携病院への紹介
ICIクリニック内では衝撃波治療を行っておりません、衝撃波治療を行う際は、提携クリニックへの紹介という形になります。
 

日本で普及している衝撃波治療の機材はEd-1000ですが、ICIクリニックの提携病院ではEd‐1000より効果が高く、治療回数が少なくも治療費も安くて済むPezo Wave2という機械を導入しています。
 

治療法 内服薬 ICI療法 衝撃波治療
内容 バイアグラ、シアリス、レビトラの処方 金属製注射器と体質・持病などに合わせて調合した薬液の処方 Piezo Wave2 による衝撃波治療
説明 バイアグラ、シアリス、レビトラなどの内服薬は、勃起を終了させる酵素の分泌を阻害することで、勃起しやすくする働きを持ちます。 ICI療法は、血管を拡張させる作用を持つ薬液を、注射により陰茎に直接注入することで勃起させます。

薬液は一人ひとりの体質や持病などに合わせて調合します。

衝撃波治療は、衝撃波を陰茎に当てることにより、毛細血管の新生を促し、勃起しやすい状態にします。

ICI療法と併用することで高い効果を見込めます。

時間 数十分~数時間後から数時間 数秒~数十秒後から数時間 1か月後~

※衝撃波治療は、2017年8月20日時点で日本にある機材の中で最新のPezoWave2を使用します。

※ICI療法は、患者さんの体質に合わせた薬液調合と、ICIクリニックが商標を持つ金属製注射器の組み合わせで実施します。

 

 

ED治療と言ったらバイアグラくらいしか知りませんでした。
俺はシアリスとレビトラまでは聞いたことあるな。
ICI療法や衝撃波治療は聞いたことのない人が多いかもしれませんね。
バイアグラ、シアリス、レビトラは似たようなものなんですか。
バイアグラはシルデナフィル、シアリスはタダラフィル、レビトラはバルデナフィルという物質が有効成分です。効き目はおおむね同じです。
バイアグラ、シアリス、レビトラは内服薬だけど、ICI療法は注射なんですね。
そうです。薬液を陰茎に直接注入するのですが、その分、効果が早く出ます。
でも、注射なんて危ない感じがするなぁ。
いやいや、私は内服薬よりICI療法の方が安全だとおもいますよ。別に、ポジショントークではないですけど
え、そうなんですか?
ICI療法は陰茎にだけ薬液を注入しますから、体全体に薬液が回ることはありません。一方、バイアグラなどの内服薬は消化器から吸収しますから、全身に成分が回ります。体質によっては動悸がしたりや貧血になったりといった副作用が出ることがあります。
へぇ・・・・・。
あと、消化器から吸収しなくてはいけないので、効果が出るまでに数時間かかりますし、飲む前には食事や飲酒が制限されます。ちょっと使いにくいですよね。
そうなんですか。飲んで、すぐに元気になるわけじゃないんですね。
そうなんです。ただ、持ち運びが便利だし、価格がとても安いので、内服薬で十分な効果が見込める人には内服薬を進めています。
内服薬で効果が見込めない人はどんな人ですか。
比較的重度のEDの人ですね、例えば、性的興奮を感じにくいとか、感じても、勃起するために必要な物質の分泌が少ないとか。あと、持病がある人や心臓病の薬を飲んでいる人は飲み薬を飲めません。
ねえ、じゃあさ、衝撃波治療ってどんな人向けなの?
陰茎内の血管が動脈硬化を起こしていたりして、ICI療法でもダメな人ですね。血管そのものを新しくしないといけないような人向けです。
これだけいろいろなバリエーションがあると、やっぱりちゃんと専門家に見てもらって診察を受けないとだめですね。

 - 未分類