*
* *

ICIクリニックの診療の流れ(薬液の調合と試験注射)

ICIクリニックでは、ICI療法を実施する場合、治療の確実性を高めるため、患者さん一人ひとりに合わせて薬液を調合し、実際に体に合うかどうかを試す試験注射を実施します。

試験注射でうまくいかなかった場合は、薬液を調合しなおし、再度、試験注射を行います。
ほどよい硬さと勃起の継続時間という、最適な結果が得られるまでこれを繰り返し、患者さんに納得していただけるよう心がけています。

 

1)薬剤の調合と試験注射

初診日に、問診によって得られた情報をもとに、薬剤を調合して試験注射を行います。試験注射は、十分な効果が得られるまで繰り返して実施します。

試験注射後は1~2時間程度の勃起が見込まれます。その間の予定にはお気を付けください。

勃起が適切な時間で消失したことを確認するため、診察後3時間後を目安に当院から電話を掛けさせていただきます。

◆治療開始前に、ICI療法の治療内容について十分ご理解いただき、同意書へのご署名をお願いしております。
◆同意書の署名をするにあたり、お名前のわかるものをご持参ください。
◆初診時に、初診料と1回分の注射治療費が必要です。お支払いは現金・クレジットカードのどちらでも承っております。料金はこちら。

 

2)再診

ICIクリニックでは、薬液の調整を完全なものとするためするため、初診時には、ICI療法の自己注射器の販売をいたしておりません。

再診は電話で行います。初診時の試験注射の効果が十分であった場合は、宅急便にて事項注射器と薬液を送付いたします。しかし、初診時の試験注射の効果が十分でなかった場合は、再度、対面で再診を行い、薬液を再度調整して試験注射を実施いたします。

◆対面での再診が必要な場合は再診料がかかります。料金はこちら
◆注射器及び薬剤の料金がかかります。料金はこちら。
◆薬剤は保存期限があるため、一度に大量にお渡しすることはできません。

 

3)薬液の購入

薬液の購入は電話で承っております。ご注文いただいたのちに郵送でお届けいたします。

使用後の注射針は必ず指定の場所へ郵送でご返却ください。

注射針は医療廃棄物です。絶対に一般ごみとして処分しないでください。使用後の注射針はICIクリニックが処分いたします。郵送でのご返却をお願いしております。

  ICI療法を受けたいと思うんですが、初診から購入まで結構いろいろなプロセスがあるんですね
  その日に注射器を持って帰れるわけじゃないんですね。
  ええ、不便に思われる方もいらっしゃるんですが、敏感な部分への治療ですし、勃起してから収まるまで、しっかり見届けてからでないとお渡しできないんです。
  えっと、ICI療法を選んだ時の流れを、もう一度簡単に教えてもらえませんか。
まず、初診日に問診を行って、ICI療法を提案します。それで、患者さんがICI療法に同意してくださったら、同意書にサインをしていただきます。
  本人確認書類は必要なんですか。
   あ、本人の名前のわかるものでしたらなんでも大丈夫です。何かの会員権とか、病院の診察券のようなものでも構わないですよ。
   なるほど
   それから、体質などに合わせて薬液を調合して、試験注射を行います。十分な硬さの勃起が得られればは終了ですが、十分な硬さが得られなければ、再度薬液を調合して試験注射を行います。
   効果が出るまでやるんですね。
   そうです。それなら、最初から強い薬を打てばいいじゃないか。と思われるかもしれませんが、薬液が強すぎると、持続性勃起と言って4時間も5時間も勃起しっぱなしになってしまいます。笑い話みたいに思えるかもしれませんが、持続時間が長すぎると、血流が阻害されて危険なんです。
   何時間も立ちっぱなしはつらそうね。
   つらいだけならいい‥‥。いや、それも良くないんですが。つらいだけじゃなくて危険なんですよ、場合によっては組織が壊死する場合もありまして…。
   うわ‥‥。
 ですから、最初の薬液の調合はとても大切なんですよ。これはどんな治療でもそうなんですが、体との相性をしっかり調べること、専門家がついていて、万が一の時に対処できるようにすること。これが大切です。
   試験注射から2~3時間くらいで勃起が収まったら合格ですね。
   そうですね。もっとも、ほとんどの場合、合格しますけどね。
   そのあと、もう一回診察があるんですか。
   二回目は電話での診察です。問題がなければ注射器と薬液を郵送します。ですが、どうしても問題がありそうな場合はもう一度対面で診察をして、薬液を調合しなおします。
   徹底的に薬液を調合するんですね。

ところで、注射器購入後の薬液はどうやって購入すればいいんですか。

   電話で注文していただければ宅急便で送付します。
   ネットで注文、っていうわけにはいかないんですか。
   処方って医療行為なんですよ。ですから、電話での遠隔診療をして処方、というプロセスが必要なんです。私も患者さんの様子を把握しておく必要がありますからね。
   そういえば、使った注射針はどうすればいいんですか。
  返送用の封筒を同梱しますから、それを使って私の方に戻してください。
   返さないとダメなんですね。
   注射針は医療廃棄物に該当します。しかも使用済みの針は「感染性」医療廃棄物になります。下手にゴミ箱なんかに捨てると、罰則をうける可能性もあります。ですから、必ず送り返すようにしてくださいね。

 - 未分類