勃起できない!!EDになってしまう原因

ED(勃起不全)とは、陰茎が勃起せず、あるいは、勃起してもその状態を維持することができず(途中で柔らかくなってしまう、いわゆる中折れのこと)、満足に性交を行うことができない状態のことを言います。

EDに悩む人は多く、また、年齢が高くなるに応じて割合が増加する傾向にあります。1998年にアムステルダムで開かれた第8回国際インポテンツ学会で発表されたデータ(白井将文)によれば、日本人の40代前半が16%、50代前半が36%、50代後半が47%、60代後半が70%となっています。しかし、「成人男性の健康と性に関する調査委員会」の報告によれば、20代、30代の若年層でも4.7%が勃起不全を訴えており、若年層であってもEDになる危険性は大いにあります。

EDは年齢を問わず、男性全体の問題なのです。

若年層であれば性行為をしたいと考えるのは当然だと思います。しかし、日本のような先進国では健康寿命が長く、生活にも一定のゆとりがあることから、ある程度の高齢になっても性行為をしたいと考える人が数多くいます。

ここでは、EDになってしまう主な理由を紹介しようとおもいます。

加齢や病気によるED

加齢や病気により、血管や神経に障害が起こると、それが原因となってEDになります。このように、体の一部が障害を受けてなるEDのことを、器質性EDといいます。

糖尿病によるED

糖尿病の合併症には神経障害、動脈硬化、海綿体の機能不全などがあり、この結果、EDになることがあります。
糖尿病患者の約70%から80%がEDの症状をもつといわれているなど、糖尿病とEDには深い関係があります。

前立腺肥大、前立腺炎など泌尿器の疾患によるED

前立腺は男性の膀胱のちょうど真下にあり、精液の成分となる前立腺液を分泌しています。この前立腺は、年齢が高くなると徐々に肥大して尿道をふさいだり、炎症を起こしたりすることがあります。前立腺肥大や前立腺炎がひどくなると、骨盤内が局所的な貧血を起こし、EDの原因となることがあるといわれています。

腎臓病によるED

腎臓病が進行すると、貧血、血管や神経やホルモンの分泌に障害が起こるなど、様々な症状が起こり、その結果、EDになることがあります。
透析が必要となるほど症状が進んだ場合、50%以上の割合でEDの症状が現れるといわれています。

高血圧、動脈硬化などによるED

勃起は、性的刺激が神経を通して性器に伝わり、血管を拡張させる物質が分泌されて陰茎の血管が拡がり、血液が流れ込むことで起こります。
高血圧や動脈硬化が進行すると、血管を十分に拡張させることができなくなり、EDになります。

脳梗塞、脳卒中、脳腫瘍など脳の疾患によるED

脳梗塞、脳卒中、脳腫瘍などの脳の疾患により、神経に障害が起こると、性的刺激が正しく下半身に伝わらなくなり、EDになる場合があります。
また、脳梗塞などをり患した方は、6か月以内のバイアグラ等の服用が不可能になるなど、ED治療薬に若干の制限があります。

心臓病とEDの関係

心筋梗塞や心不全になるメカニズムと同じメカニズムでEDが起こります。心筋梗塞や心不全は心臓の血管が血栓によって詰まることで引き起こされますが、同じことが陰茎動脈で起こるとEDになるのです。

外傷や手術の後遺症などによるED

脊髄・骨盤の損傷などの外傷によるED

事故などで脊髄や骨盤を損傷した場合、神経が傷ついて脳からの信号がうまく伝達されず、EDになってしまう場合があります。

前立腺癌の手術など、骨盤内手術の後遺症によるED

前立腺癌や前立腺肥大などの手術で、骨盤内にメスを入れた場合、神経や血管の一部を傷つけてしまい、EDになってしまう場合があります。

精神や生活習慣の問題によるED

トラウマなどによるED

人間関係やストレス、過去のトラウマなどによってEDになる場合があります。これらは心因性EDと呼ばれ、近年、患者さんが増えています。
また、向精神薬や抗うつ薬の中には中枢神経に作用し、EDの原因となるものも存在します。

喫煙、飲酒など生活習慣病によるED

喫煙によって、たばこの中に含まれる有害物質を体内に取り込むと、血管に障害が起こり、動脈硬化を引き起こします。また、ニコチンは末梢の毛細血管を収縮させて血流を阻害するため、EDの原因となります。
飲酒は、適度なものであれば血流がよくなり、リラックス効果が得られますが、過度の飲酒は脳の神経細胞にダメージを与え、正しい性的刺激の伝達ができなくなりEDになってしまいます