*
* *

レビトラについて


 

EDの経口薬について解説します。

院長:山本(医師)監修

1)バイアグラ®とは?ED治療の薬理メカニズム

2)レビトラ®について

3)シアリス®について

 

レビトラ|ED経口薬について

 

(目次)

1)レビトラの特徴(効果・効能)
2)レビトラの対象者
2)有効成分・メカニズム
4)禁忌・副作用

 

1)レビトラの特徴(効果・効能)

 

レビトラ錠は1993年のバイアグラの国内での認可に続いて、2番目に国内で認可されたED治療薬になります。バイエル薬品によって開発され、オレンジ色の丸い形をした錠剤が特徴的です。5mg、10mg、20mgの三種類の錠剤があり、医師の処方に従って服用することになります。
その特長としては、水に溶けやすい性質をもつため、即効性があるということです。水に溶けにくく、長い持続作用を持つシアリスよりも、どちらかというと短い時間で強く効能のあるバイアグラに似ています。

 

また、レビトラはシアリスのように標準的な食事であればその影響を受けにくいです。標準的な食事の目安としては、総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%です(バイエル薬品より)。

 

服用のタイミングとして、性行為の1時間前が適していて、空腹時では20分程度で作用します。レビトラに含まれる有効成分はバルデナフィルと呼ばれるものです。

 

このバルデナフィルは、詳しいメカニズムは口述しますが、注視するべき点としては、バルデナフィルは服用することで勃起するという成分ではないということです。飽くまでも、性的刺激を受けたときに自然と勃起を促し、それを維持するという薬効を持つのです。

 

2)レビトラの対象者

 

レビトラの対象者としては、EDのなかでも器質性EDと呼ばれるものを患う方です。EDには器質性EDのほかに心因性EDがあります。心因性EDは主に心理的なことからEDになることで、レビトラはそのようなEDの時にはEDの改善をもたらすことはありません。

 

また、レビトラはバイアグラやシアリスとは異なり、水に溶けやすいです。この水に溶けやすい性質は、薬の即効性につながっています。バイアグラ、シアリス、レビトラの中で最高血中濃度に達する時間が最も短いED治療薬がレビトラになります。

 

また、レビトラは食事の影響を受けにくいといわれています(ただし、油分の多い食事などは影響を及ぼすので薬を服用するときはあっさりしたものがよいでしょう)。そのため、よりライフスタイルにあったED治療薬を服用したい方にも向いています。

 

また、バイエル薬品によるとレビトラ20mgは、糖尿病による勃起障害を有意に改善させたという報告もあるそうです。そのため、糖尿病によって勃起機能を喪失した方にもレビトラは有効であると思います。

次に、レビトラを使用する際に注意が必要な方です。
心臓病の薬としてよく用いられているニトログリセリンなどの硝酸剤を使用中の方はレビトラ錠を服用してはいけません。他のED治療薬と同じように、硝酸剤と併用することは禁忌です。また、硝酸剤は飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど様々な形態があります。お使いの薬をよく確認することが大事です。

 

また、次のような場合も注意が必要です。今まで狭心症だと診断されなかった方でも、性行為は心臓に負担をかける行為なので、狭心症の発作を起こすことがあります。もし、レビトラを服用してから性行為中に狭心症が起きたら、まずは安静にして医師に連絡してください。そして、その時には、レビトラを服用したことを必ず伝え、いつ服用したのかも伝えるようにしてください。

 

以下の方もレビトラを服用することはできません。

・レビトラを服用してアレルギーを起こしたことのある方
・心血管障害のために医師から性行為を控えるように言われていた方
・先天的に不整脈があり、抗不整脈を用いている方
・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こしたことのある方
・肝障害のある方
・透析治療を受けている腎障害のある方
・低血圧(安静時収縮期血圧が90mmHg未満)と高血圧(安静時収縮期血圧が170mmHgよりも大きく、安静時収縮期血圧が100mmHgよりも大きい)の方
・狭心症のある方
・肺高血圧症治療薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬を服用している方
・網膜色素変性の方

 

3)有効成分・メカニズム

 

レビトラはバルデナフィルと呼ばれる有効成分を含んでいます。cGMPと呼ばれる物質の陰茎海綿体内での濃度が上昇することが、勃起するためには大切です。

 

しかし、常に勃起しているのも不都合ですから、cGMPを分解する酵素が存在します。ED患者の場合、このcGMPの濃度が陰茎海綿体内で低い傾向にあります。このバルデナフィルは、勃起するために必要なcGMPの分解する酵素を阻害します。それによって、陰茎海綿体内のcGMPの濃度を上昇させるのです。メカニズムとしては、バイアグラやシアリスと同じです。ただ、水に溶けやすく、食事の影響を受けにくいという点でバイアグラとシアリスのハイブリッド型のような効果を持ちます。

 

4)禁忌・副作用

 

併用禁忌としては、硝酸剤、HIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬があります。ただ、ひとつひとつの薬の成分を確認することは、手間のかかることなのでレビトラ服用の際には、必ず服用している薬を医師に伝え相談するようにしましょう。

 

また副作用としては、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりがあります。勃起が長時間(4時間ほど)続くこともあるようなので、そのような時にはすぐに医師に連絡してください。

 
 
※※ICIクリニックでは、全国へ出張診療をしております。また、定期的に全国で「無料個別相談会」を実施しています。お気軽にご参加ください。※※
9月13日、沖縄県那覇市で「ED治療無料個別相談」を実施します。
8月26日、愛媛県松山市で「ED治療無料個別相談」を実施します。

 - ED・経口薬