ICI療法

ICI療法は、陰茎海綿体に薬液を注射して強制的に勃起させる治療法です。

性的な興奮や脳から陰茎への神経による刺激の伝達がなくても勃起するため、糖尿病や脳梗塞などの病気によるED、心因性のED、手術や外傷などの後遺症としてのEDなど、様々な理由によるEDの患者さんに利用していただけます。

薬液を陰茎海綿体に直接注入するため、食事や飲酒などの制限がなく、副作用が比較的少なく、注射から勃起までの時間が極めて短いなど、多くの利点を持つED治療法です。

また、ICIクリニックでは医師の指導のもと、自分で注射することができる自動注射器を処方しております。そのため、注射のたびに受診するような煩わしさはありません。

ICIクリニックのICI療法の特徴

薬液の調整

ICIクリニックでは多くの特長を持つICI療法の効果を、さらに高めるため、患者さん一人ひとりのEDの症状や体質に合わせた薬液の調整を行っております。
薬液の調整は、ICI療法の中でも多くの知識と経験が必要な技術で、日本国内で実施しているクリニックはほとんどありません。

金属製自動注射器の採用

ICIクリニックの注射器は自動注射器で、ボタン一つで注射液を陰茎へ安全に注入することができます。薬液と針は一体化したカートリッジ式で使い捨てですが、注射器本体は繰り返し利用します。

そのため、注射器は頑丈で安定感のある金属製を使用しています。プラスチック製でポンプを自力で押し込むタイプの場合、手元がくるって注射に失敗する場合がありますが、金属製自動注射器の場合はそうした失敗が少なく、安心してご使用いただけます。

  薬剤調整のICI療法
(ICIクリニックのICI療法)
薬剤を調整しないICI療法 バイアグラ・シアリス・レビトラなど
診療 診察後、体質・EDの症状など個人差に合わせて薬液を調整、試験注射により効果を確認してから処方 診察後、個人差に合わせない既製の薬液を処方 診察後、錠剤を処方
処方 患者さんの体質に合わせて調整した薬液 カバージェクトなどの既成の薬液 錠剤
金属製自動注射器 プラスチック製注射器など
服用あるいは注射から
勃起までの時間
数十秒~数分 数十秒~数分 数十分~数時間後
食事の制限 なし なし バイアグラ
空腹時に服用
レビトラ・シアリス
標準的食事まで可
(700kcal程度)
副作用 持続勃起症
(まれ)
持続勃起症
(まれ)
顔のほてり、目の充血、血圧低下、頭痛、鼻づまりなど
(多くの人に出現)

※金属製自動注射器は、ICIクリニックが商標を持つ、ICI療法専用の注射器です。

ICI療法ってどこでも同じというわけではないんですね。

体質に合わせて薬液を調整してもらえるんですね。

一人ひとりの病状や体質が違うわけですから、同じ薬液というわけにはいきません。ICIクリニックではしっかりと時間を確保して問診を行い、一人ひとりに合わせて薬液を調整し、本当に効果があるか試験注射をしてからでないと薬液も注射器も処方しません。

診察については本当に硬派よね。

注射器にも特徴があるんですね。

はい、ICIクリニックで採用している注射器は金属製の自動注射器です。

金属製はわかるけど、自動注射器ってなに?

普通の注射器は、指でポンプを押して薬液を注入しますよね。あれは慣れが必要ですし、酔っていたり、気持ちが焦っていたりすると手元がくるって注射に失敗することがあるんです。

確かに、自分の指で押し込むのってちょっと怖いですね。

自動注射器は中にばねが入っていて、ボタンを押すだけで薬液を注入できるものです。ワンタッチでできますから失敗しにくい構造です。

そういえば、針も細いものを使ってるんだっけ。

ICIクリニックでは直径0.30mmの極細のものを採用しています。髪の毛くらいの太さというとイメージできると思いますが、細ければ細いほど注射時には痛みが出ません。

繰り返して使えるし、持ち運びもしやすそうですね。

いかにも注射器、っていう見た目じゃないもんね。ぱっと見るとボールペンみたいね。