*
*
*

前立腺がんとはどのような病気なのか?

ICIクリニック:院長山本(医師)監修

このコーナーでは、前立腺のメカニズムとその病態について。・前立腺と男性機能の関係について、・前立腺肥大症について、・前立腺癌はどのような病気なのか?、また・前立腺肥大症で起きるED について解説しています。術後EDについても・外科手術後のEDとICI療法、で解説しました。

 

(目次)
1)前立腺とはどのような器官か?
2)前立腺がんの危険因子
3)前立腺がんの症状
4)前立腺がんは検診で発見できる!
5)前立腺癌の診断から治療まで
6)まとめ

 

はじめに

みなさんは前立腺がんという病気を聞いたことがありますか?前立腺肥大症なら聞いたことがあるけど、前立腺がんはあまり聞いたことがないな、という方もいらっしゃるかも知れませんね。ですが、前立腺がんは日本で最近増えている病気ですので十分に注意しなければいけません。今回はそんな前立腺がんについて、まずは前立腺とは何なのかといった基本的な事柄から解説していきます。

 

1)前立腺とはどのような器官か?

前立腺がんを知っもらううえで大事なことは、前立腺は男性しかもっていないという点です。精巣は男性しかもっておらず、卵巣や子宮は女性しかもっていないのと同じように、前立腺は男性しかもっていないのです。ですから、そもそも前立腺がんを含めた様々な前立腺の病気になるのは、男性だけなのです。もしこの記事をお読みのあなたが女性でしたら、前立腺がんになることは絶対にありませんからご安心なさってくださいね。

%e8%8a%b1%e5%9f%8e2-1
さて、ここからは前立腺のある場所について解説していきます。ご存じの方もいるかもしれませんが、前立腺は膀胱の下に貼りついたような恰好をしています。膀胱はだいたい恥骨の後ろにありますから、前立腺はその下にあるわけですね。股の下から上方向に5cm~10cmの場所にあるといっても分かりやすいかもしれません。(図1)
前立腺は前立腺液という液体を分泌することです。射精するときに陰茎から出てくる液体(=精液)には精子がたくさん入っておりますが、実は精液の中に占める精子の割合はとても小さく、わずか3%以下です。前立腺液は精液の中に含まれており、約5~10%を占めています。残りの大部分(85~90%)は精嚢という場所から分泌される精嚢液という液体が占めています。これらの前立腺液や精嚢液などの液体は、精子に栄養を与えたり、精子の動きを活発にする働きがあり、男性の生殖機能にとってとても大切な役割を果たすのです。

%e8%8a%b1%e5%9f%8e2-2

 

2)前立腺がんの危険因子

前立腺がんになりやすい危険因子として重要だと考えられているものをいくつか紹介します。まず食生活についてです。動物性脂肪を多く摂取する欧米型の食事や、たんぱく質、砂糖を多くとる食事ががんの発生に関与しているとされています。肉や炭水化物ばかりをとる生活をしていると危ないということですね。続いて年齢に関してです。前立腺がんは50歳以上の男性で加齢とともに発生率が高くなるといわれています。50歳を過ぎたらこまめに検診を受けるようにしたほうがよいですね。最後に遺伝の影響です。親、兄弟、子に前立腺がんになったことがある人が1人いる場合、リスクが2倍に、2人以上いた場合は5~11倍になると言われています。多くのがんに遺伝は関係しているとされていますが、やはり前立腺がんでも関係しているのですね。

 

3)前立腺がんの症状

ここからは前立腺がんの症状についてお話していきます。前立腺がんの症状は次のように3つの段階に分けることができます。①がんが前立腺内にとどまる、②周囲の臓器へ広がる、③転移の3つです。それぞれの症状について説明していきます。
 ①がんが前立腺内にとどまる
がんが前立腺の内部にとどまっている場合はほとんど症状がありません。尿道が前立腺の中央を貫いていますが、前立腺がんは尿道から遠い周辺部にできることが多いので、尿が出にくいなどの症状をきたすことが少ないのです。ですが、この無症状の時期から検診で測定するPSAの検査には引っかかります、たとえ症状がなかったとしてもPSAの検査で異常を指摘された場合は病院に行きましょう。検診でのPSA検査については「前立腺がんは検診で発見できる!」の章に後述しています。
②周囲の臓器に広がる
がんが前立腺から外に出て尿道を圧迫したりぼうこうに到達すると、排尿困難(おしっこが出にくい)、あるいは尿閉(おしっこが全然出ない)、残尿感などの症状が現れてきます。この状態からもう少しがんが進行すると、腎臓とぼうこうの上側をつなぐ尿管が圧迫されて、腎臓からぼうこうへと尿が流れて来ず、腎臓が尿でパンパンになります。これを水腎症と言います。このように、前立腺がんが前立腺の外へ出て周囲の臓器に広がるようになると、さまざまな症状が出てきます。おしっこの異常を感じたら、加齢によるものかなと軽く考えずに一度泌尿器科にかかるのが賢明です。
③転移
血管やリンパ管を通して全身の臓器に転移すると、その転移先の臓器によって様々な症状をきたします。前立腺でよく転移するのは骨ですから、骨がもろくなって痛くなったり、もっと悪い場合は骨折してしまいます。また、骨の内部の骨髄で赤血球などを作っていますから、骨がやられてしまうと赤血球などを作る働きも低下してしまいます。これにより貧血になり、ふらっと倒れそうになったり、体を動かすとすぐに息切れがするようになったりします。

 

%e8%8a%b1%e5%9f%8e2-3-1
以上のように、前立腺がんの症状はその進行度から大きく3つに分けることができます。重要なことは最初の段階ではがんがあるのに無症状であることです。症状がなければなかなか病院に行くことはないと思いますので、定期的に検診を受けることで対処したいものです。次の章で前立腺がんの検診について触れていきます。

4)前立腺がんは検診で発見できる!

 

前立腺がんは日本で増えているがんであるという話は先ほどしました。となれば前立腺がんがひどくなる前に見つけて早く治療したいですよね。もちろん早くに治療するほど死亡率は格段に下がります。前立腺がんになっているかどうかの指標になるものとしてPSA(前立腺特異抗原)というものがあります。PSAはがんではない通常の前立腺でも作られている物質ですが、この物質はがんになると生産量が増えます。このPSAの量が増えたことを感知することで、前立腺がんが疑わしいかどうか判断するわけです。PSAは血液検査をすれば測定することができますから、検診で簡単に行うことができるのが良い点です。前立腺がんの指標であるPSAは他のがんの指標の物質と比べてとても高い確率でがんを見つけることができます。ですから、前立腺がんはがんの中でも見つけやすい部類のものと言えましょう。しかし、PSAは通常の前立腺でも作られていますから、PSAが高い値を示したとしても確実に前立腺がんであるとは言えません。あくまで確率が高くなるということだと認識しておきましょう。ちなみに、PSAが4ng/mlを超えると前立腺がんの確率は約30%、10ng/mlを超えると約60%だと言われています。検診でPSAの以上を指摘されたら一度病院で精密検査をしたほうが良いですね。

 

5)前立腺がんの診断から治療

前立腺がんの診断に至るには3段階の検査があります。一つ目は検診で、血液検査によりPSAの値を測定します。PSAの値が4ng/mlを超えていた場合に検診で以上を指摘されます。検診で前立腺がんの疑いがあるとされたら次に病院で精密検査を受けましょう。病院の精密検査では、直腸指診といって、医者が直腸に指を入れて、腸の中から前立腺をグリグリと圧迫して触ります。このtきに前立腺の大きさや硬さなどを調べ、前立腺がんかどうかチェックします。もし前立腺がんがあると、通常の前立腺よりも大きく、硬くなり、形もいびつなものとなります。この精密検査でも前立腺がんが疑わしいとなったら、最後に確定診断のために経直腸的超音波ガイド下生検という検査を行います。この検査は、直腸に超音波の機械を入れて前立腺周辺の構造を調べながら、針を刺して前立腺の組織をとってくる検査です。この組織の中にがん細胞があれば前立腺がんと診断されます。以上が前立腺がんの診断までの流れです。検診→精密検査→確定診断という流れで行われるということを理解しておきましょう。
続いて治療の話に移っていきます。治療には手術による前立腺摘出、放射線療法、ホルモン療法などがあります。今回は、この中でもっともわかりやすい手術による前立腺摘出について解説していきます。まず、恥骨の少し上辺りからおなかを切り開いて、前立腺まで到達します。次に、前立腺の周囲の血管をなるべく出血しないように処理した後、前立腺と精嚢を摘出します。精嚢は精液の大部分を占める精嚢液を分泌する器官で、前立腺にくっついています。前立腺の中を尿道が貫いているので、前立腺を摘出すると尿道を一部取り除いてしまったことになり、このままではおしっこが出ません。ですからぼうこうと尿道をつなぎ合わせることで尿道を再建して手術は終了です。以上の方法は恥骨後式と呼ばれる方法ですが、最近ではダヴィンチなどの手術ロボットを用いたロボット支援腹腔鏡下手術という方法も用いられており、一部の施設ではこちらを受けることも可能です。それぞれメリットやデメリットが異なりますから、もし前立腺がんになってしまい、手術を受けるとなった場合は、医者とよく相談して最善の手術を選択してください。

 

終わりに

今回は前立腺の役割など基礎的なことから、前立腺がんの症状、検査、治療に至るまで網羅的に解説してしてきました。前立腺がんは検診に行けば早期に発見することができるがんですので、この記事を読んでくださった皆さんは定期的に検診を受けるようになさってくださいね。

 - 前立腺・ED