*
*
*

心因性ED(勃起不全)の原因とその治療法について

 

ICIクリニックでは、ICI療法の特性を活かして、機能性EDに対する行動療法的を行っています。

機能性EDは、別名「心因性ED」と呼ばれています。

国内でも患者さんが多いED(勃起不全)でしょう。ICI療法(陰茎海綿体注射)の性的興奮に依存しない勃起体験は強い自信を与えますので、機能性ED(心因性)の行動療法に有効です。機能性EDで悩んでいる方はICI療法による勃起のリハビリテーションを検討してみてください。

 

機能性(心因性)EDとは?

 

機能性EDとは、病気や怪我、手術の後遺症など器質的な異常が無いのに、何らかの心身面の問題で勃起できない症状を刺します。

中島2-3

 

20代、30代、40代と、年齢を重ねる中で、また仕事のストレスやパートナーとの性的関係が滞る中で、最近なかなか勃起しない。何となく勃起が弱い。そう感じて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。このような状態は、ED患者のマジョリティーと言っても過言ではないでしょう。

 

勃起する為のペニスや血管・神経の器質には問題が無いのに、心身面の原因で、脳からの司令が正常に発信できず勃起が上手くできない。勃起しても弱々しいなどの問題を抱えている状態です。

 

これでは、性行為に必要な十分な勃起が得らません。またその勃起を維持できないため、満足な性交が行えない状態が続きます。機能性EDにはストレスや悩みなど、具体的な現実心因によるケース、また精神病理的な原因もありますが、深層意識や心身の問題が複雑に絡んでいるのが特徴です。

 

仕事も忙しく、生活に余裕がなく、若い時と比べて、なんだか勃起の力が弱くなってきたなと感じる方も多いと思います。機能性EDの可能性があります。

 

EDの行動療法とは?

 

ICI療法による勃起は、従来の「性的興奮」⇒「脳からの司令」⇒「勃起」という流れではありません。陰茎局部に直接作用させる事で勃起させます。このICI療法による勃起は機能性EDに対するリハビリテーション効果があります。

 

 

局部から勃起を促す事により、まず「勃起した」という身体の変化が、脳へ伝わり、勃起の減弱を引き起こしている心理的プレッシャーを開放させる方向へ働きかけます。確実に勃起が機能する行動事実が深層意識から心身へポジティブな影響を与えます。

 

院長山本からのメッセージ

最近、性交時の中折れが気になる、若い時に比べて勃起が弱い、など悩みを抱えている男性は大変多いです。EDを引き起こす特定の病気や障害が見当たらなければ、機能性EDの可能性が考えられます。勃起力の減弱に対して、なし崩し的に諦めている男性もいらっしゃいます。

 

年齢のせいだからしかたない。
仕事が忙しいからしかたない。
夫婦生活はこんなもの。

 

しかし、実は性機能は人間生活の土台です。性的活力の減退は、心身面にマイナスの影響を及ぼします。何らかの形で勃起力の自信を取り戻し性機能を取り戻す事を強くお勧めします。そして治療法の一つとして、様々なポテンシャルを秘めた陰茎海綿体注射(ICI療法)があることを知って下さい。

 

さらに詳しく心因性EDを学んでみよう!

 
(目次)
1)心因性ED(勃起不全)とは
2)20~30代での心因性ED(勃起不全)の原因
3)40代での心因性ED(勃起不全)の原因
4)心因性EDの治療法
5)まとめ

 

はじめに

ED(勃起不全)という言葉にみなさんはどのようなイメージを持っているだろうか。

加齢と共にやってくるもの?なってしまったらあきらめるもの?気合いでなんとかなるもの?ED(勃起不全)は男性にとってとても大きな問題にも関わらず実はあまり詳しい知識が普及していないように感じます。

 

花城1-3

そして最初に言っておきますが、ED(勃起不全)は必ずしも加齢と共になるものでも、なってしまったらあきらめるものでも、気合いでなんとかなるものでもありません。

 

気合いに関係なく若くしてなることもあり、そしてその陰に大きな別の問題が隠れていたり、そのせいで社会生活に大きな影響を与えることもあり得ます。

 

研究によってメカニズムがしっかりと確立された治療法がきちんとあります。ここでは若くしてなるED(勃起不全)について詳しく見てみましょう。

 

1)心因性ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)についてお話しする前に、まずは勃起の仕組みを知りましょう。
勃起のメカニズムは意外にも実は複雑です。大きく分けて3つの過程に分けることができます。

 

まず1つ目は①「性的刺激を脳で感じる」です。性的刺激を五感で感知し、脳の中枢神経が性的興奮を起こします。次に2つ目が②「性的興奮が神経を通って男性器まで伝達される」です。

 

性的刺激により脳に起こった神経の興奮は身体を頭から腰のあたりに向けて下降します。

 

男性器に分布する神経まで伝達された神経の興奮は男性器を通る陰茎深動脈という血管を刺激し、血管を構成する細胞からNO(一酸化窒素)を分泌させます。

%e4%b8%ad%e5%b3%b61-1

 

するとこのNOは血管の太さを調整する筋肉に働きかけcGMPという物質を放出させます。cGMPは筋肉を緩めるため陰茎深動脈は拡張し太くなります。

 

 

そして3つ目③「拡張した血管に血液が流れ込み海綿体が膨らむ」ことで海綿体内の圧力も上がり勃起した状態になるというわけです。一旦勃起すると上がった圧力によって静脈を圧迫するため血液が流出しにくくなり勃起した状態を維持することができます。

 

このメカニズムのいずれかが傷害されると、ED(勃起不全)という症状として表れます。ED(勃起不全)と一口に言っても、実はその性質から大きく次の3種類に分けられます。
・器質性ED(勃起不全)
器質性ED(勃起不全)とは、勃起に関係している血管や神経に障害がでることで起こるED(勃起不全)です。

生まれつき障害が出やすくED(勃起不全)になることもあれば、前立腺癌などの外科手術で神経を取り除いたことで起こるED(勃起不全)もあります。

 

また中高年になると、加齢から神経に障害が出やすくなったり、血管の弾力性が失われ始めたり、また生活習慣の影響で血管に動脈硬化が見られることが多くなることでED(勃起不全)につながることがあります。
・薬剤性ED(勃起不全)
薬剤性ED(勃起不全)とは、服用する薬の影響で起こるED(勃起不全)です。降圧剤や抗うつ剤、精神安定剤、向精神病剤、睡眠薬などの中にはED(勃起不全)を起こす恐れのある種類が含まれることがあります。

 

降圧剤は全身の血圧を下げる薬で、その仕組みは不明ですが副作用としてED(勃起不全)が起こったという症例の報告があります。うつ病に悩まされている人たちは脳内でセロトニンという物質の分泌が少なくなっていると言われています。

 

抗うつ剤などはこのセロトニンの量を増やします。セロトニンの量が増えると勃起した状態に大きく関わるドパミンといった別の脳内物質のはたらきを抑制するためにED(勃起不全)になるといわれています。これらの薬では時々説明書にED(勃起不全)の注意書きが書いていないことがあるため注意が必要です。
・心因性ED(勃起不全)
心因性ED(勃起不全)とは、ストレスなど精神的・心理的原因で起こるED(勃起不全)です。うつ病などの精神疾患や会社や夫婦間でのストレス、幼少期のトラウマなど様々でかつ個別の原因から起こりえるED(勃起不全)です。精神的原因としては、「ED(勃起不全)かもしれないな…」といった状況に対して1人でどうにかしようとしてうまくいかなかったときによく見られます。

 

様々な努力をしてみるものの、かえってそれにより緊張したり、失敗してしまうとそのことが頭の片隅にこびりついて「次もうまくいかないんじゃないか」と不安になったりして心因性ED(勃起不全)になり、その悪循環に陥ってしまいます。心理的原因としては、人間関係のストレスなど現実心因からなるED(勃起不全)と、幼少期のトラウマなど深層心因からなるED(勃起不全)とに分けられます。

 

現実心因とは、失恋や離婚、夫婦の不仲、男性器へのコンプレックス、経済的な不安、妊娠に対する恐怖など日常生活でのストレスからの原因を指します。

 

これには、頭から離れない心配事や職場での人間関係のストレスなど一見性行為自体に関係の無いことも含まれます。一方深層心因とは、幼少期の性行為に対するトラウマやホモ・セクシュアルであることなどが含まれます。本人が意識しているか無意識のままであるかは人それぞれですが、特にストレスが無くとも深層心因からED(勃起不全)になることがあります。

 

このように、ED(勃起不全)という症状は1つでも、その原因は全然違っていることがあります。とてもデリケートな問題なので、「治療しようと思って頑張っているけれどなかなかうまくいかない…」というストレスが、器質性あるいは薬剤性のED(勃起不全)であったものが心因性ED(勃起不全)につながってしまう恐れもあります。

 

しっかりその種類を見極め、それぞれにあった治療法をお医者さんと検討すると良いでしょう。
さて、上で一般的な心因性ED(勃起不全)の原因の種類を話しましたが、年代別で見てみると、実はその原因は異なっており特徴的となっています。それぞれの年代が抱える問題とED(勃起不全)との関係を見てみましょう。

 

2)20~30代での心因性ED(勃起不全)の原因

20~30代では性機能に問題がある人は少ないため、心因性ED(勃起不全)がこの年代でのED(勃起不全)の多くを占めます。ではこの年代の人たちは何が原因となってED(勃起不全)を発症するのでしょうか。先に述べたとおり心因性ED(勃起不全)の原因は人それぞれであり一概に言えるものではないですが、傾向として次のようなことが考えられます。

 

%e4%b8%ad%e5%b3%b63
20代といえば、高校・大学を卒業し始めて社会に出るのがこの年代です。新しい環境になかなか慣れない、仕事でミスをしてしまった、大きな仕事を始めて担当することになった、など様々な緊張、ストレスにさらされることが多くなります。

 

職場にも上手くなじみ、失敗しても周りに助けられたりと上手くいけば良いのでしょうが、そういった環境になかったり、もともと気にしすぎるもしくは几帳面すぎる性格だったりすると、気に病むことも多いようです。過度な緊張、ストレスにさらされると普段からも落ち着くことができず、勃起に関する神経とは真逆の神経が興奮してED(勃起不全)につながります。

 

ストレスをため込むと、職場だけでなく落ち着くべき場所である家やパートナーとの関係でも影響が出かねません。そうするとどんどん悪循環に陥ってしまい、なかなか解決の糸口をつかむことは難しいでしょう。

 

また、新しい環境でのストレスだけが大きな原因ではありません。20代では性行為の経験が豊富という人はそれほど多くありません。

 

新しくできたパートナーとの性行為を前に、「失敗したりしないだろうか」という不安や「下手だと思われたくない」という見栄などが焦りを生み出し、かえって勃起しないということもあります。これらが20代での心因性ED(勃起不全)の大きな要因となっています。
続いて30代では結婚する人が増えてくる頃でしょうか。この頃によく見られるのは新婚ED(勃起不全)と不妊ED(勃起不全)です。新婚ED(勃起不全)とは、お見合い結婚や結婚するまでに性交渉のなかったカップルで見られることが多いのですが、結婚直後の独特の緊張感や「子作りのための性行為」というプレッシャーを感じることから緊張が高まってなかなか勃起が起こらないことです。

 

結婚を契機に起こることから新婚ED(勃起不全)と呼ばれています。多くのカップルでは経験を重ねるうちに緊張感は解けていくものですが、新婚の時期にED(勃起不全)の状態が続くと、奥さんもがっかりしたり、以降の性交渉の積極性も失われたりする可能性があります。

 

これはさらに夫婦関係の悪化やストレスを引き起こしさらに男性にとってはストレスがかかることでしょう。次に不妊ED(勃起不全)とは、夫婦で不妊治療をしている期間中に起こるもので、原因が特定できないときに男性側が「自分に問題があるのではないか」と不安になります。

 

「治療をしているからにはなんとしても子供が欲しい」というプレッシャーを感じたりすることで起こるED(勃起不全)です。子供に関することは夫婦間の問題にとどまらず、その友人や両親・親戚達にも影響を及ぼします。

 

「周りがどんどん子供をもうけているのにうちはなかなか子供ができない」という焦りや「親は孫の顔を早く見たいといっている」といったプレッシャーは心の中で容易に大きな不安や焦りとなり、心因性ED(勃起不全)を起こすのです。

 

中島2-3

 

3)40代での心因性ED(勃起不全)の原因

20~30代では現実心因がさまざまな不安や焦りを生み出して心因性ED(勃起不全)を引き起こしていることが分かりました。ここで統計的に見ると50代以降の中高年の男性のED(勃起不全)の原因のほとんどは器質性ED(勃起不全)です。

 

加齢により血管や神経がうまくはたらかなくなることで起こるED(勃起不全)です。「齢をとったら勃ちにくくなる」というのは感覚的に分かると思います。

 

では40代ではどうでしょうか。新しい社会に出るような年齢でもないし、(近年は多くなってきましたが)結婚する人が多いわけでもない。かといって性機能が衰えるほど歳をとっているような気もしない。実はこの認識に大きな落とし穴が潜んでいるのです。

 

 

「40代はまだまだ若い方だ」と思っている人も多いと思いますが、いくら心が元気でも(良いことなのですが)、身体の方は確実に歳を重ねています。性機能が衰え始める時期が40代と言われているのです。

LOH症候群という言葉をご存じでしょうか。日本語に直すと、加齢男性性機能低下症候群といいます。日本泌尿器科学会によると、精巣の機能は普通20代をピークに自然と落ちていくものです。

 

精巣から分泌されるテストステロンというホルモンは男性の性機能だけではなく、血管の健康の維持、細胞内でのミトコンドリアの保護、頭の働きをよくする、やる気を出させるなど身体のいろいろなはたらきに関与しています。

 

加齢と共にテストステロンが減少するとこれらのはたらきが低下し、男性更年期症状と呼ばれる症状が見られます。これは、精神的なものでは健康感の減少、不安・イライラを感じることが増える、不眠、集中力の低下、記憶力の低下、性欲の減少などが見られ、身体的なものでは筋力の低下、疲労感、頭痛、めまい、骨密度低下、肥満、頻尿、起床時勃起の消失などが挙げられます。

 

軽いものを含めると40歳以上の男性のうち600万人が相当するとも言われており、40代頃で普段少し休めば治るような疲れが数週間取れないままだ、というような違和感を覚えたときはLOH症候群を疑った方が良いかもしれません。

 
少し前にも書きましたが、40代はそんなに歳をとっているような気がしない、という認識が大きな落とし穴です。LOH症候群が引き起こすED(勃起不全)は、50代以降の男性のED(勃起不全)と何ら変わりがありません。

 

しかし、40代でも起こりうるということを知っていなければ、「どうして勃たないのだろう」という不安や「うまくいくはずなのにどうして今日は」といった焦り、失敗してしまったときにはそのショックから心因性ED(勃起不全)に容易につながりかねません。

 

また、一度LOH症候群から心因性ED(勃起不全)になってしまうと、ある程度キャリアを積んだ時点である40代で、ある時期からイライラが溜まり仕事がうまくいかない、社会に適応できなくなるなど男性の人生に大きな問題となります。

 

訳も分からずこんなことが起きれば、ED(勃起不全)どころではありません。支えるべき家庭を持つ人も多いでしょうから色々なストレスがかかり、心因性ED(勃起不全)がより進行していくことも考えられます。これらをまとめると、40代の心因性ED(勃起不全)とは、器質性ED(勃起不全)から派生して起こるものが多いと言えるのではないでしょうか。

 

中島2-4-1

 

4)心因性EDの治療法

心因性ED(勃起不全)の治療法としては、まずそのED(勃起不全)が心因性であるかもしれないということを知ることです。心因性ED(勃起不全)の患者さんの多くは「なぜか分からないが勃たない」という状態にあることが多いです。

 

ですからまずは「ED(勃起不全)の中には心因性ED(勃起不全)という種類のものがある」ということを知ること、それから病院を受診してED(勃起不全)の原因が何かを明らかにすること、そしてそれに合った治療法をとることが重要です。
心因性ED(勃起不全)の患者に有効な治療法として、バイアグラとICI療法というものを紹介します。
バイアグラは効いたことのある人も多いと思います。作用としてはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という物質を阻害する効果があります。

 

PDE5は勃起した状態の陰茎でcGMPを分解することで勃起を鎮めます。バイアグラなどはPDE5の阻害薬なので、cGMPの分解を阻害することで勃起した状態を保つのです。

 

次にICI療法とは、プロゲステロンE1という物質を陰茎に直接注射する方法です。プロゲステロンE1は血管を広げる効果があるため、陰茎に打つことで流れ込む血流が増え勃起するという仕組みです。

 

日本ではまだ保険の下りない治療法ですが、欧米などでは普及し始めている方法です。ICI療法では外から注射するため、脳がほとんど性的興奮を感じないような状態でも勃起させることができます。

 

5)まとめ

軽い症状も含めると成人男性の3人に1人がなんらかの症状を抱えていると言われているED(勃起不全)ですが、やはりそうと分かると少なからずショックですよね。

 

このページを見てもらうと意外にも心因性ED(勃起不全)になるのは珍しいことではないことが分かると思います。

 

何がきっかけになっていつ自分がED(勃起不全)になるかは分かりません。ED(勃起不全)になってしまったら、「どうして」「何で自分が」と自分を責めたりしてはいけません。ED(勃起不全)になるには必ず何らかの原因があること、そしてそれは良い悪いで判断するものではありません。現在は治療法も研究が進んでいますので、病院に行って見てもらいましょう。

 

年代別に見ても原因は様々ですし、自分で気づかない身体の変化などが原因の時は仕方の無いことなのです。放っておくと器質性のみのED(勃起不全)だったものが心因性ED(勃起不全)も同時に引き起こしたりすると治療も一筋縄ではいきませんよね。

 

繰り返し書きますが、悩む前にまずは病院にいって相談することを忘れないでください。

 - ED・心因性