*
*
  

ICI療法による機能性(心因性)EDの行動療法

 

ICIクリニックでは、ICI療法の特性を活かして、機能性EDに対する行動療法的を行っています。

機能性EDは、別名「心因性ED」と呼ばれています。

国内でも患者さんが多いED(勃起不全)でしょう。ICI療法(陰茎海綿体注射)の性的興奮に依存しない勃起体験は強い自信を与えますので、機能性ED(心因性)の行動療法に有効です。機能性EDで悩んでいる方はICI療法による勃起のリハビリテーションを検討してみてください。

 

機能性(心因性)EDとは?

 

機能性EDとは、病気や怪我、手術の後遺症など器質的な異常が無いのに、何らかの心身面の問題で勃起できない症状を刺します。

中島2-3

 

20代、30代、40代と、年齢を重ねる中で、また仕事のストレスやパートナーとの性的関係が滞る中で、最近なかなか勃起しない。何となく勃起が弱い。そう感じて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。このような状態は、ED患者のマジョリティーと言っても過言ではないでしょう。

 

勃起する為のペニスや血管・神経の器質には問題が無いのに、心身面の原因で、脳からの司令が正常に発信できず勃起が上手くできない。勃起しても弱々しいなどの問題を抱えている状態です。

 

これでは、性行為に必要な十分な勃起が得らません。またその勃起を維持できないため、満足な性交が行えない状態が続きます。機能性EDにはストレスや悩みなど、具体的な現実心因によるケース、また精神病理的な原因もありますが、深層意識や心身の問題が複雑に絡んでいるのが特徴です。

 

仕事も忙しく、生活に余裕がなく、若い時と比べて、なんだか勃起の力が弱くなってきたなと感じる方も多いと思います。機能性EDの可能性があります。

 

EDの行動療法とは?

 

ICI療法による勃起は、従来の「性的興奮」⇒「脳からの司令」⇒「勃起」という流れではありません。陰茎局部に直接作用させる事で勃起させます。このICI療法による勃起は機能性EDに対するリハビリテーション効果があります。

 

 

局部から勃起を促す事により、まず「勃起した」という身体の変化が、脳へ伝わり、勃起の減弱を引き起こしている心理的プレッシャーを開放させる方向へ働きかけます。確実に勃起が機能する行動事実が深層意識から心身へポジティブな影響を与えます。

 

院長山本からのメッセージ

最近、性交時の中折れが気になる、若い時に比べて勃起が弱い、など悩みを抱えている男性は大変多いです。EDを引き起こす特定の病気や障害が見当たらなければ、機能性EDの可能性が考えられます。勃起力の減弱に対して、なし崩し的に諦めている男性もいらっしゃいます。

 

年齢のせいだからしかたない。
仕事が忙しいからしかたない。
夫婦生活はこんなもの。

 

しかし、実は性機能は人間生活の土台です。性的活力の減退は、心身面にマイナスの影響を及ぼします。何らかの形で勃起力の自信を取り戻し性機能を取り戻す事を強くお勧めします。そして治療法の一つとして、様々なポテンシャルを秘めた陰茎海綿体注射(ICI療法)があることを知って下さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICI療法による機能性(心因性)EDの行動療法

Copyright© ICI療法(陰茎海綿体注射)専門|ICIクリニック(東京・品川) All Rights Reserved.